石材の種類

墓石に使用されている石は300種以上あります。安山岩・花崗岩・斑れい岩・閃緑岩などの石が用いられます。
特によく用いられている安山岩・花崗岩は、他の石種に比べて、風・雨・紫外線による浸食・色あせなどの経年劣化がしにくいので、長く美しさを保つ事が出来ます。
国内産の石材は日本の風土・環境には最も適していますが、希少価値が高く、その分価格も割高となります。その他、墓石に用いられる石材は世界各国から輸出されています。

また、弊社では掲載以外にも多種の石材を取り揃えております。是非ご相談下さい。


白御影中目

中国・福建省

粗めの白御影石で、薄茶色を帯びた色目が特徴です。硬質で経年変化も少なく、最もポピュラーな石材です。

白御影小目

中国・福建省

墓石材としてよく利用される細目御影です。色ムラ、キズ、玉が少なく安価なため安定した人気があります。

桜御影石

中国・福建省

柔らかなやさしいピンク色の石として広く普及している桜御影石です。細やかな目で色ムラが少なく価格も手頃です。

長泰

中国・福建省

中国産青御影石の定番です。リーズナブルな価格で、広く使用されている石材です。水を吸いやすい性質があります。

中国マホガニー

中国・山東省

落ち着いた赤茶色の石材で濃淡に幅が見られます。時期や層によって色合い・石目に幅があります。
イメージ

河北山崎

中国・河北省

落ち着きのある色合いで、艶持ちが良く産出量も安定しています。価格も比較的安価のため非常に人気の高い石材です。
イメージ

M10

耐久性が高く、吸水率も低い優良材です。供給量も安定しており、黒系の中では人気の高い石種です。

インド山崎

磨きをしっかりと行うと光沢が出て艶も良く、風化に強く吸水率も低いのが特徴です。

ニューインペリアルレッド

洋型墓石やデザイン墓石など、特に個性的なお墓を望まれる方に人気が高く、鮮やかな赤色が特徴の御影石です。
イメージ

インド黒(MU)

重厚感があり堅牢性にも優れたクンナムに次ぐ高品質の黒御影石です。
価格は比較的安価ですが、産出量が不足気味の石材です。
イメージ

インド黒(クンナム)

安定した品質、高い耐久性で、インド産黒御影石の中でも最高ランクに位置する、優良な石種です。

インド緑

緑がかった色調、透明感のあるガラスが混ざったような石目で鮮やかな色合いが人気です。品質としても優良です。
イメージ

スウェーデン黒

スウェーデン

世界最高級とされる黒御影石です。緻密で艶持ちが良く、艶やかな黒の中に銀粉模様の雲母が浮かび上がります。

庵治石

香川県

国産御影石の最高峰で、きめ細やかな模様になればなるほど貴重品として扱われます。世界の石材でも他に類のない「斑(ふ)」と呼ばれる鱗状のかすかな紋様が特徴です。

本小松石

神奈川県

神奈川県でしか採取できない、希少価値の高い安山岩です。気品のある淡色緑色のきめ細やかな石肌は、年月を重ねるにつれ、独特の深い味わいを醸し出します。

石選びのチェックポイントは?

石を選ぶ際には、印刷物だけではイメージしにくいので、必ず墓石の見本チップを見せてもらいましょう。
石の質はキズ・ムラや、きめの細かさなど目で見てわかるポイントもありますが、一番重要なのは耐久性となります。
石にはそれぞれ様々な特性があります。一般の方には判断は難しいので、信頼出来る石材店を選ぶ事が大切です。

お墓の色は決まっているの?

お墓の色に特に決まりはありませんが、関東では白っぽい石材や黒っぽい石材のもの、関西では青っぽい石材が好まれる傾向があります。地域によっては赤や黒はゲンが悪いといった俗説があるところもありますが、特に神経質になることもないようです。
ご自身がお好みの色味や、故人が好きだった色味を基調に選ばれると良いでしょう。