お墓の構成名称

お墓は墓碑を中心に多くの装飾品で構成されています。
その一つ一つは、長い歴史の中で洗練されてきたもので、墓所全体を引き立てるとともに、祖先との絆を大切にするための重要なものとなっています。

1.棹石(さおいし)

埋葬した目印として建てる石の墓標で、竿石ともいいます。

2.上台(じょうだい)

「人」「動産(事業・金銭)」を表しているといわれています。

3.中台(ちゅうだい)

「地」「不動産(財産・家)」を表しているといわれています。

4.芝台(しばだい)

墓石全体の偉容を高めます。
また納骨棺の保護や、水鉢・花立の置き台となります。

5.拝石(はいせき)

下にカロートがあり、この石をあげて骨壺を入れます。

6.外柵(がいさく)

石材で周辺を囲み、墓所の境界をはっきりさせるものです。

7.手水鉢(つくばい)

仏前で口をすすぎ、身を清めるための水を確保するための器です。

8.化粧砂利

9.花立 10.水鉢(みずばち)

死者と参拝者を結ぶ「命の水」をたたえるものです。

11.墓誌(ぼし)

戒名・死亡年月日・享年・俗名を刻む石です。単独墓では、故人の作った詩などを彫刻する場合もあります。

12.香炉(こうろ)

香炉はくり抜いた部分に線香を寝かせます。線香を立てるタイプのものもあります。

13.塔婆立(とうばたて)

納骨や年忌法要のとき、これに卒塔婆を立てます。外柵に組み込む場合もあります。
浄土真宗では、通常塔婆は立てません。

14.灯籠(とうろう)

死者の供養や、墓所の荘厳さを演出するために設置するものです。

地蔵(じぞう)

子供の供養に建立するお墓です。