お墓の選び方

お墓を建てる時期

お墓を建てる時期に決まりはありませんが、墓地によっては購入後、いつまでにお墓を建てなければならないときめられている場合もあります。お墓の建立には墓地区画の予約から完成まで2〜3ヶ月を要します。家族の死に直面して、それからお墓を探し、お墓を建てるということになると実際には百ヶ日や一周忌に合わせてお墓を建て納骨するケースが多いようです。
また首都圏では地方からの人口の流入と核家族増加にともない墓地不足が深刻化しています。最近ではご家族様が健康で元気な内に生前建墓をされる方が増えています。これを「寿陵」や「生前建墓」といい、ご自身やご家族様の考えや好みを生かし死後にご家族様を煩わせずに済む他、相続税がかからないので節税対策にもなるメリットがあります。定年退職を期に生前建墓される方や、お近くに新しい霊園ができたのを期に生前建墓される方、判断力・記憶力・体力があるうちから検討して生前建墓される方が多くなっております。
イメージ

失敗点と注意点

お墓は末代まで継承されていくもの、現在だけを見て墓地選びをするのではなく、家族構成や継承者、将来を見すえた各ご家族に添った墓地選びが大切です。子孫の代にとまどう事のない様に慎重に選ぶ必要があります。
一般墓、樹木葬、納骨堂、散骨それぞれ特徴があります。

※宗旨、宗派一切不問は購入前も購入後も自分の宗教や宗派を変える必要はありませんが、宗派不問や過去の宗旨、宗派不問とうたっているものは条件がありますので必ず確認が必要です。
イメージ

購入後について

お墓は代々受け継がれていく家族の大切な絆です。
ご購入後の保障がしっかりしているか確認が必要です。
全国優良石材店(全国の信頼ある石材店300社で構成されている)認定店であれば組織全体でも保障する保証書を発行しています。
イメージ