葬儀のQ&A

弔事のマナー

突然の訃報...、どうすればいいですか?

訃報を受けたら、まず心からお悔やみの言葉を述べると同時に、通夜や葬儀の日時と場所・形式などを必ず尋ねます。
まだ決定していない時は、決定次第知らせてもらうようにします。
さらに他の誰かに連絡が必要かを尋ねます。
悲しいながらも忙しい遺族の力になってあげるとよいでしょう。

弔問とは?

弔問とは遺族を訪ねてお悔やみを述べることです。
訃報が届いたら、親族や親しい友人は一刻も早く着くことが大切です。そして、 長居はしないで早めに帰ることを心掛けて。
お香典もこの時はまだ必要ありません。通夜又は告別式に持参します。
どうしてもすぐに駆けつけられない場合は、弔電をすぐに打ちます。
近隣の親しい人であれば、近所としての手伝いを申し出ます。
服装は派手な色を除いては、普段着のままで大丈夫です。喪服や黒一色はタブーです。

故人の死因・病状は聞いてもいいの?

故人の「死因・病状」は聞かないのが最低限のマナーであり心遣いです。
遺族にとって、死因や病状は知られたくない場合もあるからです。死因や病状を知っていた場合でも、他の会葬者(参列者)には伏せておくほうが良いと思います。
また喪主、遺族の代表者から、「故人の死因・病状」は説明がある場合が多いので、いずれにせよ会葬者(参列者)側からは聞かないようにしましょう。

葬儀を後から知ったのですが...

後日知らされた場合は、弔問するお宅のこともありますので必ず事前に電話など連絡を入れて弔問するようにします。
香典と供物を持参しお悔みと参列できなかった理由を丁寧に述べるようにします。
香典の額ですが、一般的には葬儀・告別式に参列する場合と同じ額と考えていいでしょう。
ただし、仏式の場合不祝儀袋の表書きが弔問する時期によって変わります。
四十九日法要を過ぎている場合は「御仏前」とします。それ以前では「御霊前」「御香典」などとします。
神式では「御玉串料」「御霊前」、キリスト教では「御花料」とします。

慶事と弔事が重なったらどうしたらいいですか?

弔事を優先させます。
葬儀・告別式は、万障繰り合わせて出席するほど慶事にも優先することです。
結婚披露宴と葬儀・告別式が重なった場合は、告別式に出席するのがしきたりです。

数珠を忘れてしまったら、人に借りてもいいのでしょうか?

お焼香のときは数珠なしで大丈夫です。
仏教以外を信仰する人は数珠をもっていなくて当然ですので、数珠を忘れても借りてまでお参りしなくても大丈夫です。

身内が亡くなった場合、婚礼は1年控えた方が良いのでしょうか?

まず、先方がどのように考えているかを優先する必要があります。
次に忌明けを一つのくぎりとし、お話を進めるという方法があります。
また、神前結婚の場合には、喪中であればやしろに入る前に神官にお祓いをしてもらって結婚式を行っているそうです。
両家が納得できる方法であれば、しきたりに縛られる必要はないでしょう。

家を新築中に葬儀に出席しない方が良いのでしょうか?

日本では死を汚れとする考えがあり、家を建てるときには人柱が必要といわれたり、縁起をかつぐことがありますので、そのように思われることもわかります。
葬儀が行われる地域でそのような慣習があるならばそれに従うことはおかしくありませんが、葬儀は故人との最後の別れの場となります。
そこで、本人が気になさらないならば出席されることをおすすめします。

不幸があったお宅へお中元やお歳暮は贈ってもいい?

お中元やお歳暮はお祝いではありませんから、贈って差し支えありません。
しかし、四十九日以内の場合は、少し期日をずらして贈ります。
また、水引は紅白ではなく、白の奉書紙だけをかけて表書きをします。

お通夜の知識

お通夜・弔問の仕方を教えて下さい。

1. 受付でお悔やみを述べて、香典を渡し、名簿に記帳します。
受付がない場合は、遺族にお悔みを述べ、霊前にお参りし、祭壇に香典を供えます。

2. 祭壇のある通夜の式場(部屋)に入ります。通夜では遺族は弔問客の出迎えや見送りはありません。
そのまま式場(部屋)に入ります。

3. 式場(部屋)に入ったら、頭を下げて静かに喪主または遺族の所へ行き、お悔やみの言葉を述べます。

4. 通夜では、僧侶の読経が終わると、焼香します。

一般的な通夜の流れを教えて下さい。

遺族や近親者、親しくしていた友人たちが集まり、故人の冥福を祈るのが通夜です。
一般的に、死亡した当日の夜は近親者だけで仮通夜を行い、翌日に納棺して本通夜を行います。
以前は夜通し行われていましたが、現在では半通夜といって、午後6時ごろから始め、3~4時間で終わるのが一般的になっています。

お通夜の服装は?

お通夜には、訃報を聞いて近親者やごく親しい人が駆け付ける場合には、地味な服装であれば構わないとされています。
急なことで喪服の準備が整わないという意味の半喪服を。男性は黒またはダークスーツ、女性も黒、紺やグレーなど地味な色のスーツやワンピース等がよいでしょう。
しかし最近では、通夜だけに参列し葬儀に出席しない場合も多くなるにつれて、礼服での弔問も増えてきているようです。

通夜ぶるまいの席で途中退席は失礼ですか?

通夜が終わると、通常通夜ぶるまいが行われます。
弔問客に対するお礼とお清めのために、軽い酒食が振舞われる通夜ぶるまいは、喪家からすすめられたら、 固辞せず席につき 一口でも箸をつけましょう。
通夜ぶるまいの席は、ころあいを見て退席しても失礼にはなりません。
また、適当な時間が過ぎると、遺族代表からお開きの挨拶がありますので、その時点で退席するとよいでしょう。

通夜と告別式には両方出席するべき?

通夜は親しい関係者は通夜、葬儀、告別式を通して参加します。
しかし最近では、通夜も葬儀の一儀式として捉えられ、出席するのが当然のように思われています。
故人と関わりが深くなかった人は、通夜には出席しないで葬儀・告別式に参列します。
また都合でどちらか一方にしか参列できない場合は、葬儀・告別式に弔問するのがよいでしょう。
会社関係の場合は、個人的に親しい人と代表者が通夜と告別式に出席します。
他の人達は、告別式だけに弔問すればよいでしょう。

通夜・葬儀に参列できない時は?

事情でお葬式に参列できない時は、代理人に参列させるか、式後に、お悔やみに伺いましょう。
お香典を郵送する場合は、手紙を添えて不祝儀袋に包んで現金書留でお届けします。

弔電はいつどこに誰宛に送るの?

弔電はお悔やみの気持ちを書いた電報で、葬儀や告別式の前日までに打ちます。
局番なしの115番に申し込めば、受付から2~3時間で相手に届きます。
葬儀や告別式に参列できない時は弔電を打ちましょう 。
NTTの支店、営業所、郵便局、FAXや公衆電話からも打つことが出来ます。
19:00までの受付け分は当日配達可能です。
送り先は、自宅で営まれるなら喪家に、斎場の時は斎場気付にします。
宛名は、喪主宛てですが、喪主の名前が分からない時は故人の名前を書き「ご遺族様」「遺族ご一同様」としてもOKです。
弔電の例文には、「謹んで哀悼の意を表します」「ご逝去を悼み、ご冥福をお祈 り申し上げます」などがあります。

宗派ごとにお悔やみの言葉は異なりますか?

基本的に、「この度は御愁傷さまです」とか「心からお悔やみ申し上げます」で構いません。
取り込んでいる時なのでごく短い言葉で済ませます。

お悔やみの言葉・挨拶例

「このたびはご愁傷さまでございます。お悔やみ申し上げます」
「このたびは突然のことで、お悔やみ申し上げます」
「このたびはご愁傷なことでございます。さぞ、お力落としのこととお察しいたします」
「せめて、なにかお手伝いでもさせてください。」
「お疲れが出ませんように、お身体にお気をつけてください。」(弔問・通夜で直接遺族に)
「お知らせいただきまして、ありがとうございました」(仏教以外の弔問)
「安らかなお眠りをお祈り申し上げます」 (キリスト教)

葬儀会場にはどのくらい前に着いておく方がいいですか?

葬儀式に遅刻したり、僧侶の読経が始まってから入室するのはマナー違反です。
葬儀式の開始10分前には受け付けを済ませるように余裕をもって出かけるようにしましょう。
親族以外の通夜や告別式には子供連れはできるだけ避けましょう。

子供の喪装ってどうしたら良いの?

子どもの喪装は、制服がある学校なら制服が正式礼装になります。
制服がない場合、黒、紺、グレーなど地味な色の服装にします。

遺族に花を贈る時、リボンや花の色など気を付けることは?

お悔やみの花ということですと、白を基調としたものが多いでしょう。
葬儀では刺のある花や派手な色のものは避ける傾向があります。
花店でお悔やみの花であると伝えれば、そのように用意してくれます。
ただ、故人の好みや希望の花であれば上記にあてはまらなくても、お悔やみの意味としては良いことだと思います。

焼香の仕方を教えて下さい。

焼香には立礼、座礼、回し焼香、線香焼香があります。

◇立礼
1 数珠があれば左手に持ち、遺族と僧侶に軽く会釈して焼香台に進み、遺影に一礼し、合掌します。
2 右手の親指、人差し指、中指で香をつまみ、目の高さに持ち上げてから香炉のなかに少しずつくべます。
3 合掌し、そのまま2~3歩下がって遺族と僧侶に一礼して席に戻ります。

※ 座礼も基本は同じです。

仏式とキリスト教式の違いを教えて下さい。

服装
仏式と同じです。

香典
香典の表書きには「御花料」あるいは「御霊前」とします。

通夜への参列
キリスト教式の拝礼は献花です。
献花が終われば、通夜ぶるまいをすすめられることがあります。
固辞せず席につき 一口でも箸をつけましょう。

葬儀への参列
献花が終わっても葬儀終了までは付き合います。親族以外は、出棺を見届けたら式場を後にします。

仏式と神式の違いを教えて下さい。

服装
仏式と同じです。

香典
香典の表書きには「御玉串料」、「御饌料」あるいは「御霊前」とします。

通夜への参列
神式の拝礼は玉串奉奠です。
玉串奉奠が終われば、通夜ぶるまいをすすめられます。
固辞せず席につき 一口でも箸をつけましょう。

葬儀への参列
玉串奉奠が終わっても葬儀終了までは付き合います。
親族以外は、出棺を見届けたら式場を後にします。

お別れ会でスピーチを頼まれたのですが、どのような話をすればいいのでしょうか?

スピーチは葬儀の弔辞にあたります。

「慎んで_さんの御霊前に申し上げます」
「ここに_さんの御別れ会が行われるにあたり、御霊前に申し上げます」
といった呼びかけの言葉ではじめます。

構成としては、
1.故人の死に対する驚きと悲しみ。
2.故人の簡単な経歴と自分との関係。
3.故人の功績や人間的長所を賛える。
4.これまでの友情に感謝。
5.鎮魂の言葉「では、お別れします。安らかに眠ってください。」
で結びます。

葬儀・通夜でお手伝いを頼まれたのですが、エプロンの色に決まりはありますか?
 

「葬儀・告別式・通夜」のお手伝いをするときには、エプロン(割烹着)が必要になりますが、その際の色「黒・白」どちらにするかも悩むところです。
この場合のエプロンの色は「どちらでも問題はありません」。しかし、地域によってはエプロンの色が決まっている場合もありますので、事前に確認しておいたほうが良いかもしれません。
いずれにしても、エプロンは派手な飾りや刺しゅうなどがないシンプルなものを選ぶことが大切です。

通夜と告別式には両方出席するべき?

通夜は親しい関係者は通夜,葬儀,告別式を通して参加します。
しかし最近では、通夜も葬儀の一儀式としてとらえられ、出席するのが当然のように思われています。
故人と関わりが深くなかった人は、通夜には出席しないで葬儀・告別式に参列します。
また都合でどちらか一方にしか参列できない場合は、葬儀・告別式に弔問するのがよいでしょう。

会社関係の場合は、個人的に親しい人と代表者が通夜と告別式に出席します。
他の人達は、告別式だけに弔問すればよいでしょう。

葬儀の知識

通夜・葬儀でまず手配する物は何ですか?

祭壇に飾る遺影の準備
火葬場に行くタクシーの手配
受付用具・記録簿の準備
会葬礼状の印刷を手配
会葬御礼品(粗供養品)の準備
通夜ぶるまいの準備
喪服の用意

など葬儀社等の指示に従い、順々に行います。

臨終の直後、どこに連絡したら良いですか?

家族・親戚への死亡通知、葬儀社への連絡を行います。
連絡を受けた葬儀社はご遺体を自宅に移送します。
臨終の直後に連絡する家族は、ごく身近な関係者のみにします。
その他の人達にはお葬式の日取りが決まってから連絡します。

葬儀を行うにはどこに連絡をし、何を頼むべきでしょうか?

人が亡くなられた後にしなければならないことは、まず死亡診断書をそえて役所に死亡届をします。
そこで火葬許可書を受取り、火葬場の予約をします。(火葬は死後24時間経過した後で行います。)
その後、葬儀式場の手配と祭壇の設置などの準備をします。
こうした作業はすべて葬祭業者で代行致します。
寺院に読経を依頼する場合には、寺院の都合を聞いて決めます。
いずれにいたしましても、どのような葬儀を行うかを専門家と打ち合わせる必要があります。

葬儀をする場所はどこにすればいいの?

選択肢として、
自宅
寺院や教会
集会所や公民館
斎場(葬儀の専門式場)
ホテル
が挙げられます。

式場をどこにするかは、葬儀の規模や形式を考慮の上、葬祭業者や家族と相談して決めるとよいでしょう。
もちろん、通夜は自宅で、葬儀告別式は斎場で、ということも可能です。

喪主はどのようにして決めるのでしょうか?

喪主は原則として跡取り(遺産継承者)または、祭祀継承者がなります。
祭祀継承者とは、故人の遺骨を仏壇やお墓で管理しお祭りする人です。
墓は分割できませんので、一人に割り当てられます。古来よりこれを行って来たのは長男でした。
ただし現在では、伴侶に当る人がなる場合も増えてきているようです。

葬儀であらかじめ準備しておく事は何ですか?

受付・会葬御礼品の準備
弔電を整理、奉読の順序の決定
席・焼香順位の決定
火葬場へ行く人の確認
お布施の準備

などの準備があります。

葬儀内容はどのように決めたら良いのでしょうか?

故人の地位、宗旨、会場、規模、会葬者数などにより、葬儀の内容を決めます。
通夜・葬儀の日時と会場は、僧侶や火葬場、会館の都合などもありますので、喪主・僧侶・葬儀担当者との間で相談しましょう。

葬儀と告別式の違いって何?

葬儀は、遺族、親族、故人と親しかった人が亡くなった人の冥福を祈る儀式。
告別式は故人とゆかりのある人が最後のお別れをする儀式。
非常に親しかった場合を除いては、告別式に参加することが本来の形です。
葬儀から参列するか、告別式だけに参列するかは、故人とのおつきあいで自分で判断することになります。

一般的な葬儀・告別式の流れを教えてください。

【一般的な葬儀の流れ】

参列者着席( 近親者は祭壇に向かって右、その他の参列者は左に着席します。)
僧侶入場
開会の辞
読経、引導
弔辞拝受、弔電披露
焼香
葬儀終了

一般会葬者の焼香
僧侶退場
遺族代表謝令
閉会の辞

葬儀は遺族や近親者など親しい人が集まって故人の成仏を祈ります。
その後の告別式は、一般の会葬者も参列し、成仏した故人に最後の別れを告げます。

葬儀を後から知りました。

後日知らされた場合は、弔問するお宅のこともありますので必ず事前に電話など連絡をいれて弔問するようにします。
香典と供物を持参しお悔みと参列できなかった理由を丁寧に述べるようにします。
香典の額ですが、一般的には葬儀・告別式に参列する場合と同じ額と考えていいでしょう。
ただし、仏式の場合不祝儀袋の表書きが弔問する時期によって変わります。
四十九日法要を過ぎている場合は「御仏前」とします。それ以前では「御霊前」「御香典」などとします。
神式では「御玉串料」「御霊前」、キリスト教では「御花料」とします。

お焼香の回数は何回行えばいいのですか?

1回の香に心を込めるという意味で1回という場合、 焼香、従香で2回とする場合、「仏・法・僧」の3宝にささげるという意味で3回の場合があります。
宗派によって違いがありますますが、いずれにしてもあまり回数にこだわることなく、ささげる心を大切に考えて焼香しましょう。

焼香が済んだら早々に式を後にするのは失礼?

遺族や親族の最後のお別れが済むと出棺ですが、一般会葬者にとって故人を見送る最後の儀式になります。
焼香が済んだら早々式場を後にする人もいますが、これはマナー違反です。
出棺は出来るかぎり見送るようにします。
棺が運び出され霊柩車に乗せられ、遺族の挨拶がありますのでここでも静かに聞きます。
霊柩車に棺を納めるときは、黙礼をし、走り始めたら合掌や黙とうをしながら見送ります。

死亡した場所によって対応が異なりますか?

1.自宅で亡くなられた場合
ただちに医師を呼び、状況確認をしてもらい死亡診断書をいただきます。
葬儀社へ連絡し、遺体の清めなどを行ないます。

2.病院で亡くなられた場合
医師による死亡確認を受け、死亡診断書をいただきます。
葬儀社へ連絡し、ご遺体を自宅へ移送します。

3.事故による死亡の場合
警察の指示を受けるまでは、ご遺体を動かしてはいけません。
警察の検死を受け、死体検案書(死亡診断書)をいただき、許可が下りれば、葬儀社へ連絡し、ご遺体を自宅へ移送します。

数珠はどんなものでもいいのでしょうか?

数珠は本来は宗派によってデザインが異なりますが、現在市販されているものの多くはどの宗派にも通用します。
一般に男性用は大きい玉、女性用は小さい玉でできています。
数珠は、貸したり借りたりするものではありません。家族でも一人ひとり、自分の数珠を持つとよいでしょう。
また、仕事関係の弔事に備えて、職場用にも一つあるとよいでしょう。

身内の葬儀のすぐ後に、別の葬儀に出てはいけないと聞いたのですが?

別の葬儀にすぐ行くことは一般的に問題ないとされています。
しかし、地方のしきたりや風習を考慮し、遠慮することも考えられます。
そういう意味では、葬儀を主宰する喪主にご相談されるのが確かでしょう。

忌引というのは親族のどこまでがあてはまるのでしょうか?

忌服期間は、官公庁服務規定によりますと、
配偶者10日、父母7日、子5日、祖父母3日、兄弟姉妹3日、孫1日、伯父伯母1日、配偶者の父母3日、配偶者の祖父母1日、配偶者の兄弟1日となっております。
実際の忌引きは所属する組織により異なる場合がございます。就業規則等で正確な忌引の日数をご確認下さい。

礼状に、句読点がないのはなぜ?

礼状などの文面は、昔は墨文字で書いたものです。
日本の古典的文面では句読点を用いず、そのしきたりが今に残っているものと思います。
従って文章的には句読点があったほうが読みやすいことから、これからは見直されるものと考えられます。

妊娠中は、通夜や葬式に出ない方が良いと聞きましたが?

妊娠中に葬儀に出ない方が良いというのは、昔、死者が胎児に影響を与えるのではないかと考えられたからです。それが言い伝えとして残っているのでしょう。(出てはいけないという決まりはありません。)
そこで妊婦が葬儀に出るときは、おなかに鏡を入れればよいといわれています。
鏡は魔よけの効果があると伝えられ、棺のなかに入れたり、墓地に鏡をかけたりしたと言われています。
そこで死者の霊が胎児に入らないようにする処置として、鏡を外側に向けておきます。迷信ですので、気にされるかどうかが一番の問題です。

身内に病人がいる場合、葬儀への出席を控えるものですか?

死を汚れとする考え方は各地にありますが、そのような事例はありません。
もし欠席されるのであれば、弔電を送ったりお悔やみの手紙を出すということが考えられます。
また、葬儀後に先方にお香典をもってお悔やみに行くという方法もあります。

「友引」には葬儀は行われないのでしょうか?

「友引」「大安」というのは六曜によるもので、室町時代に日本に伝わったものです。先勝、友引、先負、仏滅、大安、赤口の順に繰りかえすもので、日の吉凶をあらわしています。
「友引」は、この日に葬儀すると、それに友が曳かれる(一緒に誰かが死ぬ)というイメージから嫌われて、その日に葬儀をしないようになりました。
ただし一部の地域では友引人形を入れて、身代わりに立てて葬儀を行います。
また浄土真宗の強いところでは、「友引」は迷信であるとして反対し、この日でも葬儀を行うところがあります。
ただし、火葬場も休みが必要ですので、皆さんが嫌っているこの日をお休みにしているところが多いようです。

お盆中に亡くなった時は、通夜・葬儀はいつ行うのですか?

お盆であるかどうかにかかわらず、葬儀は行うことができます。
葬儀は地域によって友引に行わない(火葬場が休みという理由も含め)ということはあります。
ただ、お盆は寺院が忙しく都合がつかないということもあり、葬儀がお盆明けになることもないとはいえません。

火葬場から帰る時、来た道と違う場所を通るのはなぜですか?

死者がまた戻って来ないように、違う道を通って分からないようにする、という迷信が伝統として伝わっているのが理由です。これは野辺送りの時からの習慣です。

六文銭、六道銭について教えてください。

六文銭は、死者が三途の川を渡るときの渡し賃であったり、死後六道輪廻するときに、それぞれの世界に入るときに費用であるという説明がされています。
これは古代中国にもあった慣習です。
江戸時代には実際に六文銭を入れたようですが、現在は模造の六文銭を使用しています。

納棺の際に入れる三角の白い布の名称を教えてください。

天冠(てんかん)といいます。中国の習慣からきています。
中国では人前に出るときは冠をつけないと失礼とされ、冠を付けると言う説があります。
またこの天冠はかつて日本では子供がつけた習慣があり、死者が再びこどもに帰るという儀礼説もあります。

「精進揚げ」「精進落とし」はどのようなことですか?

精進の意味は、潔斎しひたすら宗教的生活の一途に生きることをいいます。それが民間の信者にとっては、肉類を食べない意味へと転化しました。
従って忌の間や葬儀のときは精進料理をいただきますが、それがおわると終わった印として肉類を含む料理をとります。
これを精進落しといいますが、地域によっては「精進あげ」とよんでいます。
葬儀用語は他にも、地域によっていろいろと違った言い方をするものがあります。

遠方から葬儀に参列頂いた方に、お車代は必要でしょうか?

結婚式では遠方からの招待者に交通費を渡すことはありますが、葬儀においてはそのような習慣は聞きません。
しかし、こちらから弔辞などで特に参列をお願いした人に対して用意することは考えられるでしょう。

長年愛したペットの葬儀をしたいのですが。

最近はペットを亡くした際に、きちんと葬儀(お別れ)をしたいと考えている方が増えています。
人間の葬儀とまではいかなくても、いくつかの種類があります。
料金は ペットの大きさ(具体的な体重)、 お骨の処置(手元に保管、手配施設保管、埋葬、合祀)、葬儀形態の希望、 火葬のみか告別を行うかなど 様々な内容により幅広いです。
ペット葬を行っている葬儀社等に相談すると良いでしょう。

葬儀式
お寺などで運営しているペット葬儀では読経し、葬儀を行います。

個別火葬
お骨を手元に残したい方の火葬です。火葬炉を独占する為に経費負担が必要になるようです。

合同火葬
合祀を前提にした火葬です。飼い主は火葬と同時にペットの昇天を念じ、遺骨等は手元に戻りません。

密葬にする場合の注意点は?

密葬とは近親者で秘密裏に行う葬儀で、本葬の実施を前提にした小さい規模での葬儀をもいいます。
密葬が終わるまでは、不幸があった事を一般の人には告知しないのが原則です。
従って、誰を呼ぶのかを慎重に決めなければなりません。
そして、自宅で密葬をおこなう場合は、近所の人にはできれば早めに連絡して、密葬である事と、弔問を控えていただきたい旨を伝えておきます。
会社などに葬儀と知らせる場合も同様です。友人等にも連絡の際に密葬であることをキッチリ伝えることが重要になります。

納棺するまで安置方法を教えてください。

納棺するまで頭は北に向けて安置します。
顔はサラシの面布で覆います。
枕元に小さな机を置いて白い布をかけ、ローソク、線香などを飾り、火をともします。 。

お経料や戒名料以外にお寺に払うものはありますか?

「御車料」交通費が必要と思われる場合
「御膳料」食事を出さない場合
相当する金額を別途に包むとよいでしょう。
お葬式の斎場として寺院をお借りした場合は、その費用を「御席料」として支払います。

お経料や戒名料の金額って?

弔事用の袋に包み、「御経料」「御布施」などと表書きをして、お渡しします。
お経料と戒名料は別々の場合もありますし、一緒に含めてお渡しする場合もあります。
金額については、お寺との付き合いの程度や、寺院の格などによっても異なります。
率直に僧侶にお尋ねしても失礼にはあたりません。
「志で結構です。」と言われた場合には、習わしを知っている方に教えていただくか、葬儀社でも大体の目安はお答えできると思います。

香典について

御霊前と御仏前はどのように使い分けるのでしょうか?

ご霊前は亡くなられた人の御霊の御前にという意味であり、ご仏前は成仏した仏様の御前という意味になります。
浄土真宗では信者は死とともに浄土へ生まれ変わるという教えから葬儀でも「御仏前」を用いるようです。
また、仏式であればこのほかに「御香典」という表書きがあります。これは宗旨に関係なく使えます。

どの関係の方が亡くなった場合まで、お香典を出すのですか?

血縁関係がなくても、お世話になった方であれば、お香典を出すことがあると思います。
香典を出すかどうかは、喪家とあなたやあなたの家のお付き合いの程度で決めるのがよいでしょう。
出す人の本人の意志で決めることですので、とくに決まりはありません。

香典に包む金額は?

香典の額は、あまり多くても失礼にあたり、相手との関係や立場で違ってきます。

一般的な目安
祖父母:10,000円
両親:100,000円
兄弟姉妹:30,000~50,000円
おじ・おばその他の親戚:10,000円
友人・知人:5,000円
隣近所:3,000~5,000円
その他:5,000円
何人かで出し合う場合--- 1人1,000円から、立場によって5,000円程度

勤務先の上司:5,000円
勤務先の同僚:5,000円
勤務先の部下:5,000~10,000円
勤務先社員の家族:5,000円
取引先関係:10,000円

近所の人の葬儀で、町内会に入っている場合等は、お手伝いや参列、香典なども会の規定に沿って行動します。

香典袋へ現金を入れる時、お金の向きはどのように入れるのでしょうか?

お金を袋から出した時に金額が見えるよう(顔が下)にします。
それはお金の管理がしやすいからです。
葬儀では通常とは逆のことをする慣習があることから、地域によってはお礼を裏向きにするなどということもあります。裏向きにしなくても失礼ということはありません。

香典袋の書き方を教えて下さい。

香典袋は、最近では市販のものが多くなりました。
表の水引の上には「御香典」「御霊前」などの表書きがされていると思いますので、水引きの下にあなたの氏名を書きます。
裏面には左端に金額を記入します。
中袋には裏面に住所、氏名、金額を記入する欄がありますので、住所も忘れなく記入します。

数人で香典を包む時、名前はどのように記入するのですか?

連名で香典を出される場合、3名程度まででしたら、それぞれの名前を表面に書きます。
住所までは書き切れませんので、中袋に金額と3名の名前と住所を明記します。
4名以上の場合、表には代表者の名前を記し、外一同とします。そして中袋に全員の氏名と住所を明記します。

連名で香典を出す場合はどうしたら良いですか?

表に名前を書くのは3名ぐらいまでです。それ以上の場合は、「〇〇一同」と書き別紙に全員の名前を書いて中包みの中に入れます。
水引きは、黒白または銀色のものを使います。
結び方は、二度とあって欲しくない弔事の場合は、「結び切り」にします。

袱紗(ふくさ)の包み方を教えてください。

袱紗の包み方は慶事とは逆です。
1、 まず袱紗を角が上下左右にくるようにして広げ、香典袋を表を上にして中央かやや右寄りに 置きます。
2、袱紗を右、下、上の順に折っていき、最後に左側を折ってはみ出た部分を裏側に折って包み 込みます。

香典を差し出すときは、包んだ逆の順序で開き、香典袋の表書きが相手に読めるように向けて渡します。
袱紗にはいろいろな色、柄がありますが、派手なものでなければOKです。

宗教別の香典の書き方は?

仏式の葬儀の場合
香典の表書きは、「御霊前」「御香典」「御香料」などと書きます。
ただし浄土真宗では「御霊前」は使いません。

相手の宗教が仏教かどうかわからない場合
「御霊前」と書くのが無難です。
ただし浄土真宗の場合は、「御香典」を使います。

表書きは必ず薄墨で書きます。
水引きより上に表書きをして、水引きの下中央に、自分の名前をフルネームで書きます。

祖父が亡くなった場合、香典は用意するのでしょうか?

祖父と同居の家族ならば香典はいりません。
しかし、別居していて生計を別にされているならば、それぞれ香典を用意します。

祖父の葬儀に夫婦で出席するのですが、香典の相場はいくらですか?

一般的に、香典額は一家の代表の名前で出すのが普通です。
2人で出席されましても10,000円でよいでしょう。
ただし忌明け法事などの場合には、精進料理(2人分)や引き物(一家分)のことを考えてご仏前として20,000円出すこともあります。

婚約者の家に不幸があった場合、香典はどのくらいでしょうか?

お香典の目安としては、親類への香典は1万円、知人への香典は5,000円程度です。
親類と同様に考えて1万円包まれればよいでしょう。

社葬の香典の相場はいくらでしょうか?

得意先の社長が亡くなり、会社代表としての弔問の場合、3万~5万円が最も多く、最高額も通常20万円までです。 付き合いの程度により一概には言えませんが、仕入先の社長・得意先の担当者など、5万、3万、2万円を目処に香典金額を決めます。
親しく付き合っている会社の社葬の場合は、社長の名前で3万~5万円ということもあります。
また、個人で行く場合は1万~3万円が相場となっています。

社長の奥様が亡くなりました。香典はいくら包み、妻も包むものでしょうか?

香典金額としましては、5千円~1万円が相場です。
香典はご主人が持参されるだけでけっこうです。

社長のご実家に不幸があった場合、従業員としてお香典は?

香典は個人の意志で出すものですので、強制はできません。
出す場合には、個人か連名という方法があります。
個人で出す場合には、勤務先の家族が亡くなられた場合では5,000円が多いようです。
なお香典は喪主の方に送ります。

上司のお家に不幸があった場合、部下としてお香典は?

香典は個人の意志で出すものですので、強制はできません。
出す場合の金額の目安としては、ある統計によりますと勤務先社員の家族の方が亡くなられた場合の香典金額は、5,000円が最多回答で、関西では3,000円が最多回答です。

香典返しの品選びで気をつける事があったら教えてください。

一般に香典返しは「半返し」といわれ、いただいた香典の1/3 ~半額くらいの品を選んでお返しします。
一定の品物を一律に返すこともあります。金額にあまりこだわる必要はありません。
何段階かに分けて一律に同じ品を選ぶ方法もあります。
香典返しの品としては日用品が無難です。

品には、それぞれのいわれがあります。
お茶 飲んで、故人を偲ぶ
砂糖 消耗品というところから、相手に不幸が及ぶのを消滅させるという意味
石けん 不幸を洗い流すという意味
陶器 人間は土に帰るという意味
漆器 不幸を塗りつぶすという意味

このような意味あいを含め利用されることが多いようです。

キリスト教葬の香典袋と表書きはどうすれば良いでしょうか?

キリスト教では「御花料」という表書きがあります。
水引きは白黒か双銀、双白で、結び切りかあわじ結びのものを用います。
はすの模様入りの袋は避けましょう。

お通夜の際お香典を渡しました。告別式にも再度必要ですか?

再度のお香典は必要ありません。
通常は受付で記帳する際に、お香典を出しますが出さなくともお香典について尋ねられることはありません。
通夜に香典を持参したり、団体で香典を出したりすることは多くの方がされています。
参列と香典は一致しないことはよくあることです。

生前葬に招かれ出席します。服装と香典の書き方は?

生前葬の場合、主催者の考え方もさまざまです。
案内状に、生前葬儀の理由や会費の有無、服装などが明記されているとよいのですが、喪服でなくとも地味な服装であればよいでしょう。
なお生前葬の主旨によっては、会費であったり香典であったりしているようです。
表書きは「御花料」「御香典」がよいでしょう。

葬儀後の手続き

葬儀後の後の流れを教えてください。

葬儀が終わったら世話役の方から事務を引き継ぎます。

現金や名簿の引継ぎ
葬儀が終わったら遺族は世話役にお礼を言い事務の引継ぎをします。
この時に世話役の人から弔問客の心遣いや遺族の気づかなかった事などを聞いておきます。
後の挨拶回りがスムーズにゆきます。

葬儀の時の領収書など
葬儀にかかった費用などは遺産相続の時に相続税の控除の対象になります。
また、火葬場でいただく「埋葬許可証」も納骨の時に必要なので大切に保管します。

病院の支払い
未支払いに気が付いたらすぐに済ませます。

お寺、神社、教会などのお礼
僧侶や神職、神父、牧師などへの謝礼は葬儀の当日に済ませますが、まだであれば持参します。
寺院--「御布施」「御礼」「御経料」
神社--「御玉串料」「初穂料」「御神饌料」「御祭祀料」
教会--「献金」「御礼」「お花料」「謝礼」

挨拶回り
葬儀でお世話になった方々(町会の役員の方、お世話になった近所の人、故人の勤務先等)に、できるだけ早くお礼の挨拶に出向きます。
だいたい初七日までに喪主が行きます。
忌明けに香典返しをするので、手土産は一般的に必要ありません。
服装は喪服ですが、地味な色の平服でもかまいません。

故人の遺言書を発見しました。どうしたら良いですか?

すぐに家庭裁判所に遺言書を提出して「検認」を請求することが義務づけられています。
遺族が遺言書を発見した場合、勝手に開封して、そのままにしておくことは法律上禁じられています。

相続にともなう手続き内容
死亡届 の提出
遺言書の有無の確認
相続人の確認(戸籍謄本の取り寄せ)
遺産の評価・鑑定
遺産分割協議・協議書作成

期限があるもの
限定承認や相続放棄は3カ月以内に家庭裁判所へ申述
所得税の申告納付は4カ月以内
相続税の申告納付は10カ月以内

健康保険証以外に返却するものはありますか?

亡くなった人の健康保険証、運転免許証、身分証明証、クレジットカード、パスポートなどの返却手続きをします。
とくにクレジットカードなどは、紛失して悪用されたり会費が自動的に口座から引き落とされ続けたりするおそれがあるので、早めに退会の手続きを済ませましょう。

故人の預貯金はいつ頃引き出した方が良いのですか?

金融機関は名義人の死亡を確認した時にすぐ口座取引を停止しますので亡くなった人の預貯金は引き出します。

生命保険を受け取るために必要な書類は何ですか?

生命保険金はこちらから支払いを請求しないと受け取る事ができません。
保険会社に請求の手続きをします。

必要な書類
生命保険の証書
生命会社所定の死亡診断書
亡くなった人の除籍抄本又は住民票除表
保険を受け取る人の印鑑証明
印鑑
戸籍抄本
振込先口座番号

医療費の払い戻しの手続き方法を教えてください。

長期の療養で、社会保険や国民健康保険を利用した自己負担額が一定額を超えた場合、その分が払い戻されます。
医療費を支払ってから2、3ヶ月後にハガキで通知がきます。
それを持って役所の健康保険課や健康保険事務所、社会保険事務所で手続きをします。

故人が国民年金に加入していたのですが。

◇亡くなった人が、国民年金に加入していた場合
遺族基礎年金、寡婦年金、死亡一時金のうち、どれか1つが支給されます。

◇亡くなった人が、厚生年金や共済年金に加入していた場合
遺族厚生年金(遺族共済年金)や遺族基礎年金が支給されます。

故人の年金を停止するには何が必要ですか?

亡くなった人が国民年金や厚生年金をもらっていたら停止手続きをします。
年金証書または年金手帳、死亡診断書、戸籍謄本や戸籍抄本など死亡の事実がわかる書類、請求者の住民票の写しなどを用意して地区の社会保険事務所に提出します。

忌中・喪中について

喪の期間というと一般的には49日でしょうか?

近親者が亡くなると、「喪に服する」というように、一般に身を慎む期間に入ります。
日本では死後四十九日(50日)を特に大切にし、仏教習俗では7日ごとに集まって法要を繰り返します(七回目が7×7=49日にあたるので、四十九日を「七七日」とよぶ)。
四十九日のことを「忌中」とよび、死の衝撃の強い期間と位置づけます。
「喪中」は約1年(13カ月)を言います。四十九日後にも百カ日法要、一年目の命日は「一周忌」とよびます。
二親等(配偶者、親、兄弟、祖父母)のご不幸で、一周忌までが喪中と言います。

喪中の場合、正月の神棚はどうすればよい?

正月の神社の参拝や、玄関のしめ縄、お神棚のお正月飾りはいたしません。
50日の喪があけたら、通常のお供えをします。

喪中にはおせち料理を用意してはいけない?

それほど厳密にお考えになる必要はないかと思いますが、喪中ということから、紅白のかまぼこや頭つきの海老といったおめでたい意味合いの強いものを避けられる程度でよろしいかと存じます。

忌明け前に子供の七五三を行ってもよいのでしょうか?

忌明けは一般的に四十九日の後とされ、それまでは神事や結婚式のほか、お祝い会などへの出席を控えることが多いため、七五三も控えるべきという意見が多いようです。

服喪中ですが、入籍予定です。
式や披露宴は行わないのですが、故人の親類縁者にはどのように対応したらよいでしょう?

喪中のお祝い事や神事は避けることをお勧めしますが、四十九日の忌明けを一つの区切りとすることもできます。
重要なのは、相手の方が気になさるかどうかです。入籍を行うだけであれば問題ありません。
もし、お祝いの席を設けるならば、相手の親類の方のことも考え、四十九日以降にすることをお勧めします。

法要について

法要について詳しく教えてください。

法要とは、仏になった故人を供養するという意味の仏教用語で、追善供養ともいいます。
法要は故人を偲び、冥福を祈るために営むものなのです。
また法要は、故人が設けてくれた人と人とのご縁、「この人がいたから自分がいる」というつながりを再確認し、故人への感謝の思いを新たに、自分自身を見つめ直す場でもあります。

初七日
葬儀後、最初に行われる大事な供養です。
最近では葬儀当日に還骨勤行とともに略式供養を行ってしまうこともあります。

二七日(ふたなぬか) 三七日(みなぬか) 四七日(よなぬか) 五七日(いつなぬか)
遺族だけの内輪で営まれることが多いです。

七七日(四十九日)
一般的にこの日をもって忌明けとします。
親類縁者や、故人と親しかった人を招き、納骨、埋骨もだいたいこの日に行います。

百か日
一般的にごく内輪で行います。施餓鬼会を行うこともあります。

一周忌
祥月命日(死亡した日を同月同日)を目安に営みます。
親類縁者のほか、故人と親しかった友人知人などが集まり、僧侶を招いて比較的盛大に行います。

三回忌 七回忌 十三回忌 十七回忌 二十三回忌 二十七回忌
ごく内輪で営むことが多く卒塔婆をあげて故人を供養します。

三十三回忌 五十回忌
「弔い上げ」といい、仏教では、どんな罪を犯した人でも33年目には極楽往生できるといわれ、一般的に三十三回忌をもって最終回忌とすることが多いようです。

法要に招かれた時に持参するものは?

本来、せんこう、ろうそく、菓子などの供物や供花を持参します。
最近は供物料(現金)を包むのが多いでしょう。
供物や供物料は、いきなり仏壇や祭壇にお供えしないで、必ず施主に「お供えください」と直接差し出します。
供物料の金額は1万円から2万円程度を包むのが、一般的です。(地方によっても違います)
金包みは一周忌までは、黒白又は双銀の水引、三回忌以降、青白、黄白となります。
表書きは「御仏前」「御供物料」とします。(仏式の場合)