お中元・お歳暮について

お中元・お歳暮を贈る時期

お中元

お中元を贈る時期は地域によって差があります。
これはお盆を新暦で行うか旧暦で行うかの違いが地域によってあるためです。最近では全国的にお中元を贈る時期は早くまっているようです。
関東地方 7月初旬ごろから7月15日まで
関西地方 7月中旬ごろから8月15日まで


お歳暮

お歳暮を贈る時期も地域によって差があります。
元々お歳暮の由来はお正月にご先祖様の霊を迎える御霊祭りのお供え物を本家に届ける風習があり、新年の準備を始めるころに贈るものでした。しかし、現代ではお世話になった方へのお礼の贈り物をするという意味合いに変わってきています。
お歳暮も全国的に贈る時期は早まっているようです。

関東地方 12月1日ごろから20日ごろまで
関西地方 12月10日ごろから20日ごろまで


ご自身がお住まいの地域とは別の地域にお住まいの方に贈る場合は時期がずれてしまうので注意が必要です。
また、年末になればなるほど贈る相手様もお忙しくなりますのであまり年末にせず20日ごろまでに贈るのが良いでしょう。

お中元・お歳暮の相場

 

お中元とお歳暮の相場は相手やお世話になっている度合いによって変わります。また贈る方ご自身の年齢によっても金額は多少変わります。
お中元とお歳暮では、お歳暮の相場の方が2〜3割高いことが一般的です。

 

a_1_yuzu_01.jpg

親戚・知人 3,000円〜4,000円
両親・仲人・上司 5,000円前後
お世話になった方 5,000円〜10,000円
あまり高価な物を贈ってしまうと、今後贈り続けていくご自身に無理が出てきてしまいますし相手様に負担をかけてしまうこともありますので、注意が必要です。

お中元・お歳暮ののし

お中元・お歳暮の熨斗は表書きはそれぞれ「お中元」「お歳暮」となります。贈る時期が遅くなってしまった時は「暑中お見舞い」や「寒中お見舞い」と変化していき、さらに遅くなってしまった時は「残暑お見舞い」や「お年賀」「新年のご挨拶」などになりますので注意が必要です。贈る時期によって表書きが変わるのが、お中元・お歳暮の表書きの特徴と言えるでしょう。
水引は紅白の蝶結びを使用します。お中元やお歳暮は何度も続いた方が良いので、「何度でも結び直せる=何度も続きますように」の願いを込めて蝶結びの水引をかけます。

お中元・お歳暮の送り状

お中元・お歳暮は「お世話になった方へのお礼」ですから、本来ならば贈る方の元へ持参するものですが贈る方が遠方だったりお忙しかったりと中々直接お渡しすることは難しく最近では配送にてお渡しするのが一般的となっています。品物に同封して贈るか、品物が届く頃または品物が届く少し前に送り状を送付する方がよいでしょう。

お中元・お歳暮の最適品

お中元・お歳暮では相手の好みや季節に合わせ贈ると喜ばれます。
お酒がお好きな方ならばお好みの銘柄のお酒を選んだり、またお子様のいらっしゃるご家庭でしたらお子様の喜ぶ甘いお菓子やジュースの詰め合わせを選ぶなど相手の好みや家族構成を考えて贈ることもよいでしょう。
好みが分からない時などは、季節に合わせ暑い夏に贈るお中元ならばビールやそうめんなど、新年を迎えるお歳暮には日本酒や日持ちして皆様で食べられるハムなども喜ばれます。

お中元・お歳暮の避ける品物

お中元やお歳暮では避けた方が良い品物がありますので、注意が必要です。
ハンカチや刃物などは「相手との縁を切る」という意味合いが含まれているため避けましょう。ハンカチは贈り物として一般的ですが、日本語では手巾(てぎれ)と表記しますので日頃の感謝を伝えるお中元・お歳暮では避けた方がよいでしょう。
靴や靴下などの履物、また下着などの直接肌に触れるものも避けた方がよいでしょう。靴などの履物や靴下には「踏みつける」というイメージがあるので目上の方に贈るのは失礼だと捉えられます。また文房具には「より勤勉に」という意味が、下着・肌着などには「生活にお困りでしょう」という意味がありますので、こちらも目上の方に贈るには失礼だと捉えられます。
櫛は「く=苦しい、し=死」を連想させるため、避けましょう。現金なども目上の方にお渡しするのは失礼にあたりますので避けた方がよいでしょう。