引き出物について

引き出物とは

引き出物とは元々馬を庭先に引き出したことが名前の由来と言われています。かつては結婚披露宴で供された料理の一部を、招待ゲストのご家族にも持って帰っていただくように用意されていましたが、衛生観念などの理由からこのような引き出物はあまり見られません。現在では結婚披露宴の記念品としての意味合いが強まっています。
このように日本には古くからある習慣で、鰹節などの縁起の良いとされるものが配られることが多いですが、地域やご家庭により何を送るかは様々です。
イメージ

引き出物の相場・渡し方

相場


01_kawasakiseifu_56.jpg

引き出物の相場は飲食代の三分の一が一般的と言われています。

3〜5品用意することが多く、結婚披露宴の記念品になり形として残る引き出物・メインの引き出物に添えて送る引き菓子・鰹節などの縁起物・出入り口などで手渡しをするプチギフトが多いです。
披露宴でお出しする飲食代が15,000円ならば5,000円〜10,000円程度が相場となります。

渡し方

引き出物は結婚式や披露宴に出席された招待ゲストからいただいたお祝いのお礼としてお渡しします。
あらかじめ披露宴会場の席においておくのが一般的です。また最近では招待ゲストが引き出物を持って帰るのが大変だからという理由でご自宅に配送する新郎新婦もいらっしゃいます。
引き出物・引き菓子とは別に披露宴会場や二次会の出入り口で新郎新婦からプチギフトと呼ばれる500円程度のクッキーやタオルなどを手渡しでお渡しする場合もあります。

引き出物の熨斗

結婚式・披露宴の熨斗の上段に入れる表書きは「寿」が一般的です。熨斗の下段には贈る方の名前を入れます。
水引は10本1組の水引を選びます。水引の色は紅白または金銀が一般的で、向かって右側に濃い色(紅白ならば紅、金銀ならば金)がくるように結びます。また、水引の端が上を向いた「結び切り」という結び方を選びます。「結び切り」は一度結んだらほどけないことから二度とあってはならない結婚式・快気祝い・災害のお見舞いに使用されます。

引き出物の最適品

お渡しする品物は、引き出物と引き菓子を含めて3〜5点が一般的とされています。品数や品物などは地域やご家庭により様々ですのでご両家様でよくご相談いただき決めていただいた方がよいでしょう。

引き出物と引き菓子は必ず入れ、他には縁起物と呼ばれる食品を入れる方もいらっしゃいます。

引き出物で現在多く選ばれているのはカタログギフトで、「軽くて持ち帰りが楽だから」「自分の好みのものを選べるのが良い」と考える方が多いようです。他には実用性のある食器類・カトラリー類やキッチン用品、タオルなどの消耗品が人気です。食器類はかつては「割れる」ため避けられていましたが、おしゃれなブランド品など引き出物として人気があります。

引き出物で避ける品物

結婚披露宴での引き出物はお祝いのお返しになるので、避けるべきものがあります。引き出物で避ける品物は現在ではあまり気になさらない方も多くなってきていますが、招待ゲストの中には気になさる方もいらっしゃるかもしれませんので避けた方が良いとされる品物を確認しておきましょう。

食器類は現在では人気の引き出物の一つですが、かつては「割れる」ため避けられていました。
また刃物類も「切る」ことを連想させるため、重箱や猿の物も縁起が悪いからという理由で避けられます。