【霊園・仏壇・贈答のマルサン商会】ホーム > 霊園・墓地を探す > 個性のある立体彫刻(ファントーニ彫刻)のご案内

個性のある立体彫刻(ファントーニ彫刻)のご案内

ファントーニとは

ファントーニの歴史


ファントーニは、米国No.1の総合石材会社ロック・オブ・エイジズ社(ROA)の誇る彫刻家アルチーデ・ファントーニ氏に由来します。ファントーニ氏はイタリア出身の卓越した彫刻技術と芸術家の魂をもった真のアーティストでした。惜しくも最近他界をされましたが、その指導を受けた職人が彫刻技術を学び、その志を引き継ぎ、人々の心の拠り所となるお墓を製作することを事業目的として、氏の名前を持って製品群を統括する名称にいたしました。
マルサンはファントーニ彫刻の取り扱い加盟店です。お見積もり、ご質問などは、お気軽にお問い合わせください。

製品の特徴

ファントーニの優れた特徴は、その自由なデザイン力と彫刻技法にあります。銘石へと刻まれた立体オリジナル彫刻の個性あるメッセージ性は、これまでの墓石とは異なった趣で、大切な家族のものがたりを後生へと語り継いでいきます。

立体的な表現

ファントーニ彫刻は、従来の均一的な方法とは違い、凹凸を付けた彫り方が可能です。ソフトな石肌とダイナミックな立体感が得られます。但し、粗めの石や細かなデザインには向きません。

コケがつき難い

ファントーニ彫刻のティファ二(梨地)仕上げは、撥水性に優れています。濡れても乾きが早いため、コケがつきにくくなっています。

色あせが無い

ファントーニ彫刻は石の持つ自然な色彩を引き出した彫刻。塗料や薬品を使っていませんので色あせすることがありません。

ファントーニの技法

ティファニー

特殊なブラスト技法により、小叩き・ビシャン・バーナー・サンド吹きなどの従来の梨地加工に比べ、滑らかで均一な美しいブラスト面が得られます。

カービング

角の立ったシャープな深彫りが特徴です。従来は磨き面への深彫りしかできませんでしたが、特殊技法で梨地面にシャープな深彫りができます。これにより鮮明な文字や図柄が得られます。線彫りの場合、1.5mm以上の幅が必要です。

シェーピング

梨地彫りの技法を用いて凹凸を付けた彫りで、ダイナミックな立体感が得られます。従来のチッパー等の彫り込みと異なり、ソフトな石肌が得られます。目の粗い石や細かいデザインには向きません。

特殊シェイプ

シェーピングの技法を発展させた技法で、より深くダイナミックな立体感が得られます。バラやユリなどに使います。

スクリーン

従来では考えられなかった、ファントーニだけの新しい模様彫りです。曲面には使用できません。

ニューマチック

ファントーニ彫刻技法の最高レベルの技法で、完全な立体彫刻に使用します。

施工例