豆知識「書体・言葉」

書体

お墓に刻む正面文字について

豆知識「書体・言葉」■キリスト教の場合...十字架、または聖書の言葉を刻むことがあります。
■神道の場合...「○○家奥津城」「○○家奥都城」を刻むことがあります。
■仏教徒の場合...「南無阿弥陀仏」「南無妙法蓮華経」「南無釈迦牟尼仏」
「南無大師遍照金剛」などのお題目を刻むことがあります。

一般的にはお墓に刻む文字の書体には「楷書体」「行書体」「隷書体」「草書体」がありますが、永久に残るものですので、誰にでも解り易い「楷書体」が使われている場合が多いようです。また、家名の漢字も旧字を使用することがあります。最近では、ご夫婦の好きな文字や家族で話し合って決めた言葉を刻む場合もあります。従って石碑の彫刻には決まり事はなく、どんな文字を彫ることも可能です。

他社・通常の文字彫刻は・・・

通常の料金に入っている文字彫刻は、文字の部分を見てみると、右記の写真のように彫った面がデコボコしているのがわかります。

豆知識「書体・言葉」

マルサンでは

機械処理のデコボコを削り、まるで筆で書いたような滑らかな表面の加工を施します。こうすることにより、彫刻の後にインクを入れてもきれいに塗られるので、極めて美しい仕上がりになります。

豆知識「書体・言葉」

見学サポートセンター

葬儀のご相談 (有)ベストライフセラピー 年中無休・24時間受付 0120-588-203

ご予約やご契約の前に知っていいただきたい。ご契約の流れ

pagetop

資料請求リスト